メニュー

子宮頸部内視鏡

子宮頸部の新しい検査「子宮頸部内視鏡」とは

胃カメラの機械を使った脚を開かない検査

子宮頸部内視鏡検査とは胃カメラなどに使う内視鏡の高性能カメラを膣部に入れ子宮頸がんの検診・診断に用いる検査法です。内視鏡を膣部に入れて観察することで、子宮頸部への数mmまで近接でき、非常に鮮明に観察することができます。
内視鏡には顕微鏡のような拡大機能や、異常のある血管を強調する画像強調機能があり、より感度の高い診断ができています。
サンプル(生検)が必要な場合は、1cmの距離から異常部位をその部分だけ採取できます。

当院では健康診断(保険適応外)の検査として導入します。

羞恥心・違和感の少ない検査

子宮頸部内視鏡では左を向いた横向きで検査を受けることができ、足を開く必要はありません。
膣内に入る器具は10mm程度の内視鏡のみで、従来の20-40mm程度の広げる器具(クスコ)は用いません。

恥ずかしさや違和感を低減することが期待できます。

現在の一般的な検査方法
子宮頸がん検診

①内診台にあがり開脚姿勢をとる
②20-40mmまで膣壁を広げる器具(クスコ)を膣内に入れ広げる
③子宮頸部をブラシでこすり、ついた細胞を検査に提出する

検診で異常が出た場合の精密検査

①②同上
③コルポスコピーとよばれる拡大鏡を足の間にいれ、20-30cm先の子宮頸部にピントを合わせる
④子宮頸部を観察し、異常所見があるところを体の外20-30cmの距離から狙ってサンプル(生検)をとる。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME